看護師 助産師

助産師も看護師?

産婦人科などで出産の手伝いをする助産師。
妊婦さんにとって、この助産師さんはとてもありがたい存在です。
出産の手伝いだけでなく、妊娠生活や出産後の育児に関しても相談にのってくれるからです。
この助産師という職は、看護師とは違うのでしょうか?

 

看護師は病気や怪我をしている人の看護や介助をすることを仕事とします。
助産師は上記のように妊婦さんの出産を手伝うことを仕事とします。
相手が病人・怪我人か、妊婦であるかの違いです。
とはいっても助産師は看護師資格を取得しています。
ですので看護師と同様に、医療行為を行うことが許されているのです。

 

それとは逆に、看護師は助産師の資格をとることが義務づけられていません。
ですので助産師の資格を持たない看護師は、出産を手伝うことは許されていません
助産師の就職先は産科などの出産を主とした職場です。
看護師は様々な科に行くことが可能なので、そういった面では窮屈さを感じるかもしれませんね。
看護師と保健師の求人

看護師は有給を使える?

看護師に有給はある?

仕事がハードな上に、万年人手不足だと言われている医療業界。
医師の数も足りていませんが、それよりも看護師の人手不足は深刻だと言われています。
どこの病院もそういうものなので、看護師は休む暇がないとさえいわれています。
もちろん週休二日などは定められていますが、あきらかに人が足りていない職場では休みでも出てくれと言われることもあります。
そんな職場なので、有給は使えないと思いますよね。
その通りで、働いているほとんどの人は有給は使えないものと思っている人がとても多いです。
看護師アルバイトの有給

 

怪我や病気などのやむをえない状況での休みの時に有給に振り替えるというのがほとんどで、私用で使うということはできないでしょう。
これは看護師に限った事ではありません。
どんな職業でも忙しい人は大体有給を取れていないので、結局有給はあってないようなものなのです。

 

一番の使い道は、退職する時です。
退職する時に有給がたくさん余っているのであれば、思い切って有給を全部使ってしまいましょう。
その職場とはもうお別れなので、使っておかないともったいないですよ。